30代新米社長Kブログ。ビジネス効率化への道

楽天出店は儲かるのか?ちょっと検証してみた!

2017年02月06日 03時24分

楽天と言えば、日本最大のEコマース市場ですね。
そこには疑いの余地もありません。

Amazonは海外の企業なんで、日本企業という意味では紛れもなく最大です。
あなたも一度は買ったことがあるんじゃないでしょうか?
私もよく利用させてもらいます。

Amazonも便利なんですけど、
楽天はギフト関係に強いイメージがあるんですよね。

例えば、家族の記念日とかに名入れのお酒とか、
名入れのグラスとか。そういった、一手間かかったものはAmazonより、
楽天の品揃えが豊富かなーと思ったりします。


で、今回は楽天の「購入」の方ではなく、「出店」の方のお話です。
そう、売る方ですね。

ここにビジネスチャンスはあるのか?ということをサクッと検証してみました。
 

どのくらい費用はかかる?

楽天出店ですけど、どのくらいの費用がかかるのか?
ココが重要です。

まず、費用を理解してなければ、
どのくらいの利益率の商品をぶち込めば良いかもわかりません。

ということでペペッと調べて見たところ、
下のサイトにわかりやすくまとまってました。

楽天出店にかかる費用、リスクを全て公開


上のサイトによると、

・最初に支払う費用はだいたい30万くらいは必要
・もろもろ手数用とかを合わせると、月の売り上げの15%くらいは楽天に支払わなければいけない

ということでした。

けっこうな費用がとられるんですねー。

つまり、商品を仕入れ価格の15%以上で売らないと利益が出ない。

とまあこういうことですね。


そう考えると、単純には言えないですが、勝機はあると思います。

 

さらに計算してみる

んじゃ例えば100万円の売り上げがあったと仮定しましょう。

原価率が85%以下の商品であれば、とりあえず利益も損もなし。トントンです。

原価率50%の商品であれば、25%が利益なので、25万が利益になります。

25万あれば、なんとか1ヶ月は暮らしていけますよね。


 

やり方次第では儲かりそう

これを本業にしてやっていこうとするならば、
原価率50%の商品を探して、
月100万円の売り上げを目指せばいいということです。

原価率50%の商品なんてざらにあると思うので、
そんなに難しくないかなと思います。
(ただ、転売は厳しいとおもいますが。)


うん、十分いけそう。